占いが好きだから

占いのこと、不思議なこと、スピリチュアルなこと…
カルトゥーシュカードと占星術の占い師 黒田聖光の占いブログ。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
マルセイユタロットの歴史書きました
「占いの世界」という毎週水曜日発売の週刊誌というか分冊百科で、黒田 聖光が原稿書いてたりします。
過去にはエジプトの占やエジプトタロットの連載をしていたのですが、それが終わり今度はマルセイユタロットについて書いてたりします。
日本ではタロットといえば小アルカナまで絵柄の入ったライダー版と呼ばれるものが主流で、マルセイユタロットってのは日本であまり普及してなかったりするんです。
小アルカナに絵柄がないせいかとっつきにくいというのもあるのですが、そもそも詳しい日本語の解説書がないため敬遠されてしまうようです。
言葉の壁はあるものの、超えてみるとマルセイユタロットはライダー版のように魔術な意味が入っていないため、日本人に向いているタロットだと思います。また、小アルカナの数札も数の理論さえ押さえればいいですし、そもそも小アルカナは補助のため、本番ヨーロッパのプロでも「大アルカナだけで占えないの?ぷっつ」みたいなかんじです。しかし、どこで根付いたのか、我が国のタロット占いは「プロは小アルカナまでつかえて当然」みたいに言う先生もいるので、早く日本もそういう誤解が解けるといいです。

ということで、黒田書いているマルセイユタロットは、本場フランス流の解釈を用いた本格版! このためにフランス語頑張ってたりします。
正位置でカードが出たら正位置の解釈をといったことはしないといった、正逆とらない方式というのも敬遠される要因ではあるんですが、慣れてしまえばおもしろいと思いますし、こちらのほうが出たカードで空想をふくらませやすいかと思います。

135号から連載しているのですが、141号ではマルセイユ版タロットの歴史を紹介しています。タロットはいろいろ言われていますが、登場した17世紀当時は立派な博打用品です。「ひそかに占っていたんだよ!」という意見もありますが、それはファンタジーで、占いとして使い始めたのが1930年にポールマルトーがライダー版タロットをヒントに、古くからフランスのマルセイユで造られていたタロットに占いの意味を付けたのが始まりだったりします。
そんなマルセイユタロットの歴史について書いてみたものの、なかば賭博の歴史になっていたりしますが、内容は充実! なぜ、マルセイユで大量に作られるようになったのかも書いていますし、マルセイユには2つのタイプがあるのですが、それもご紹介しています。占い好きのあなたに! ぜひおすすめします。
 
占いの世界 (141) 2015年 5/27 号 [雑誌] 占いの世界 (141) 2015年 5/27 号 [雑誌]

アシェット・コレクションズ・ジャパン 2015-05-20
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



| 2015.06.10 Wednesday (12:21) | この本がイイ! | comments(0) | trackbacks(0) |
平凡を維持することの難しさ
事故にも合わず病気もなく元気に過ごせ、仕事にも恵まれている・・・
昨日も今日も変わらない、変化のない毎日は、時に退屈に思うこともありますが、これほど幸せなことはないのでは? とふと思います。

家を失ったり、病気になったり、事故に遭ったり・・・
不幸な出来事は、残念なことに予兆もなく、ある日突然訪れます。
そして、いままで平凡だった毎日が一転し、頑張っても見えない未来に、ため息を漏らすこともあるでしょう。

そして、あれだけ退屈だと思った、あの事象が起こる前の平凡な毎日が、一番大切なことに気が付く人もいるでしょう。。。

その事象が起こる前とは、住む場所や状況が違うこともありますから、完全に元に戻すことは不可能な場合が多いものです。壊れたものを元に戻すのではなく、いままでよりも住みやすく、今の自分に合った方法に新しく作ることのほうが、合っているように思えます。


占いでは良くも悪くもなく、平均的であることが一番人生で吉だとされています。
しかし、これが実は一番難しいことだということを、私は占いを通じて知りました。

晴天の霹靂は、ある日突然やってきます。
これは運命だから仕方ないこともあります。
そんな日が来たのなら、腹をくくるしかないので、逃げずに運命を受け止めましょう。


そうするためには、大きな危機のない、平穏な時の過ごし方こそ大切になると思うのです。

別に地位や名声を得ることではなく、自分と関わる人たちを大切にして、平凡でありきたりな毎日に幸せを感じ、大切に過ごすこと。

それが一番重要なことなんじゃないかと思うのです。人間の成長にとっても。



| 2013.03.11 Monday (16:20) | 精神世界 | comments(0) | trackbacks(0) |
そしてシュウマツは訪れたのだった・・・
地球滅亡も近い今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
シュウマツは確かに来ました。終末ではなく週末ですけどね。
現在、現地マヤ周辺のレストランや土産物屋は大盛況、ホテルも超満員だそうですので、どこもホテル特需に現地は喜んでいたりするようです。

さ て、このマヤの予言、遺跡に記されたカレンダーが2012/12/22を最後にないとのことから始まり、フォトンベルト説とかオカルトがここ数年渦を巻い ていまた。このブログにもそういう方面から丁寧にトラックバックがきちゃったりしたのですが、丁寧に削除してたりしました。

さて、12/21といえば冬至。マヤの人々は高度な天体計算ができたと言われていますが、数千年先の冬至の日を計算して記したのならすごいんじゃないかと。
どの古代文明も太陽神は絶対的な神でありましたから、ラーと呼んだエジプトしかりマヤもそうだったと思うのです。その太陽の高度が一番低い日が冬至。太陽を元気つけようとエジプトはラーのためにお祈りしてましたが、マヤもそうだと思うのです。
じゃ あ、どうして2012年なのか? ですが、これ以降は安定してるから暦(呪術的な意味で)は要らないとしたのでは? と思うのと、2012年は地球のサイ クルから見ると氷河期の入り口に来てるという人がいますが、その氷河期に入ったから暦なんて作ってもしょうがないとしたのでは? と楽しい空想が広がったりします。

どなたの本か忘れましたが、終末とか滅亡ってのは人間の心理として欲することだと書いてありました。平和で危機意識が低ければ低いほど、欲するそうなので、それだけ平和だってことなんじゃないかな?



| 2012.12.22 Saturday (16:06) | 不思議ニュース | comments(0) | trackbacks(0) |
すれ違った普通の幸せ
 

先日、17年間逃亡していた菊地直子容疑者が逮捕されたのは、ご存じの方がいないくらいのビックニュースです。
櫻井千鶴子と名前を変え、福祉事務所で事務と介護の仕事をしており、時給は850円、週6日程度勤務、月収にすると13万〜14万円程度ですから、多いとは言えない収入を得ていたようです。
住居にしていたところも、こう言ってはなんですがおんぼろの小屋。そこで数年前に出会い、菊地と共に犯人蔵匿容疑で逮捕された高橋寛人容疑者共に、事実婚をした夫婦として暮らしていたそうですが、彼女があの菊地ではなかったら、つつましく暮らす夫婦でしかなかったでしょう。

高橋容疑者は何度もプロポーズをしたそうですが、なかなか首を振らない彼女を問い詰めると「本当の名前は菊地っていうの……」と告白され、冗談で「オウムの?」と返すと「そう……」と応えたというやりとりは生々しく、しばらくは高橋容疑者は苦悩していたんだろうということは、誰でも容易に推測できることです。

普通の結婚ができない二人は、せめて写真だけでもと、純白のウエディングドレス姿の写真を撮ります。彼から指輪もプレゼントされ、正式ではないけれど夫婦になるための儀式をした2人は、誰からも邪魔をされない幸せをかみしめていたことでしょう。。。

菊地は供述で「寛人と付き合い、愛するようになり、この生活を変えたくなかった」と言ったそうですが……10代の頃にボタンを掛け違えた人生は、数年後容疑者へと肩書きを変え、逃亡生活を送ることになりますが、そんな彼女が逮捕前の数年間、普通の幸せを手に入れ、女としての幸せをかみしめていたかと思うと、なんだか悲しいなと思います。

彼女のホロスコープを見ると、射手座の太陽に木星が合、冥王星はキンタイルしている、いわゆる「大物」な人。射手座は木星を守護し、カルトゥーシュカードではホルスと同定です。スケールが大きな人物で、ものごとを発展させるパワーを持っている人。新しいことに挑戦するチャレンジ意欲もあります。だからといって爆弾持っちゃダメですが、菊地にとって爆弾はキャベツぐらいの感覚かもしれません。
そして彼女は良く働きます。火星や月と共にTスクエアを形成していることは、休むことを知らないかのようです。

見た目地味だとしても、こういう人は下っ端で入ったとしても、有能な人物として成長していくものです。人から認められて大役を任されることになるので、社会で上がってくるのです。

その重要なファクターとなるのが、「出会い」

菊地がオウムに出会わなかったら、麻原がまともな宗教家だったら、犯罪者として名を馳せるのではなく、違う形で有名人となり、人望もある人物になっていたことでしょう。そう考えると、人と出会うということは、運命を左右しかねないので慎重にしないといけませんね。

そんな彼女を見初め、プロポーズした高橋容疑者(今回逮捕された方ね)は誕生日が分からないので名前を占星数秘術で見ますと、4ですから天王星の守護のある人です。普通の日常を送っていても、あっと驚く変転が人生で起こりやすいので、この人もある意味「大物」といえます。

菊地のホロスコープに彼を示す天王星をあわせると、夫婦の縁に必要な月や太陽と調和座相を組んでいます。普通だったら夫婦の組み合わせにはなりにくいです。しかし、秘密を共有する者同士はお互いの結束を強めていき、それが男女ならば恋愛関係に発展してもおかしくはないものです。天王星はハプニングを引き寄せる星のせいか、普通ではない菊地に引き寄せられ、菊地も彼の天王星に惹かれるかのように、自分の全てを認めてくれ、程よい関係を与えてくれる彼に気持ちが傾いたのかもしれません。

逮捕当日は進行の星を交えて、逃れられない運命を示すグランドクロスを形成。しかし、進行の星が太陽・金星・水星とソフトなものばかりですので、逮捕されてほっとしているかもしれません。出生の太陽に進行の月が重なる日は、ビッグニュースが与えられることが多いですが、奇しくも逮捕当日もそんな日でした。

菊地容疑者を庇うつもりは毛頭ありませんが、いつの日か刑務所から出て、何のしがらみもない普通の人生を送れる日を手に入れ、今度こそ本当の妻としての幸せを得られる日が来るよう、いまは全てのことを素直に話し、罪を償って欲しいと思います。



| 2012.06.06 Wednesday (15:54) | 占星術 | comments(0) | trackbacks(0) |
2011.3.11 14:46
いまだに何が起きたのか分からない

ただ、分かることは
「すごいことが起きた」
ということだけ

天空を見上げると 奇しくも
2011年3月11日は、天王星が牡羊座に入宮する寸前
海王星も魚座に入宮しようとする寸前の日

天王星はハプニングを与え
海の神・海王星は真の姿を見せつけ
多くの命や築き上げたものを一瞬で飲み込み
何事もなかったような世界へと変えた……







天王星は近未来的な
誰もがうらやむ新しい世界を築く星

私は信じてる

3,11の前の状態ではなく
それ以上に魅力的な場所になることを

そして

日本が
世界から羨望されるような国になることを

私は信じてる



| 2012.03.11 Sunday (14:46) | 精神世界 | comments(0) | trackbacks(0) |
SPONSORED LINKS
PROFILE
カルトゥーシュカードでHAPPYに

占い鑑定受付中

エジプト直輸入アクセサリーの販売サイト

RSS表示パーツ


RSS表示パーツ


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode