占いが好きだから

占いのこと、不思議なこと、スピリチュアルなこと…
カルトゥーシュカードと占星術の占い師 黒田聖光の占いブログ。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 大きな決断 | main | ホープ女史が願っていること >>
悪い事は避けることができるのか?
占いをしていますと、病気、怪我、事故、火事、泥棒に入られるかも!? といった、その方に近い将来起こりそうな悪いことを、気を付けるようにアドバイスします。みなさんも占い師に相談したことがあるなら、言われたことがあるでしょう。
「気を付けます」と皆さんいいますが、本当に避けることはできるのでしょうか?
残念ながら、避けることは難しいようで、気を付けていても事故に遭っちゃった、という方が多いのが現実です。

例えば、車の事故に気を付けて、と言われて気を付けていたのに、家に車が突っ込んできたとか、出掛ける時は戸締まりをしっかりしていたのに、なんと家に居るときに入られ、泥棒がいたことさえ気がつかなかった、という方もいます。
あなたはこの話を聞いて馬鹿にするかもしれませんが、人生とは「まさか」の連続で、「そんなことが起こるとは!?」と思うことが実際に起こるのが現実で、人生でもあるようです。

避けるのは難しい場合が多いものですが、被害を最小にする方法はあります。
それは、それに備えておき、警戒心を持つこと、に尽きます。

占い師から言われてからではちょっと遅いかもしれません。日頃から危機感を持っていないと、いざというとき発揮されにくいものですから。先の東日本震災でも、日頃からいろいろな想定をした避難訓練をしていた学校や保育園は、けが人はいたものの、全員無事だったという報道がされていましたが、それがその良い例かもしれません。

仕事で夜遅くに帰宅することが多いなら、防犯ブザーを手に持ち歩くとか、火事の心配があるのなら火災保険に入るとか、いざというときの備えを先に取っておくのが吉で、もしもの時にはその人の力になるものです。

自分が病気になった時のことを考えて生命保険に入る人は多いのですが、日常の、ささいな備えはおろそかにしている人が多いもので、私もその一人ではあります。
日常生活で起きる「もしも」を常に想定し、被害が起きても最小とさせるか、ピンチが起きてもそれをカバーするような心と実際的な備えを、常にしておきたいものです。



| 2011.10.06 Thursday (16:13) | 精神世界 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
Comment









SPONSORED LINKS
Trackback URL
http://uranai.spdt.jp/trackback/1399771
Trackback
PROFILE
カルトゥーシュカードでHAPPYに

占い鑑定受付中

エジプト直輸入アクセサリーの販売サイト

RSS表示パーツ


RSS表示パーツ


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode