占いが好きだから

占いのこと、不思議なこと、スピリチュアルなこと…
カルトゥーシュカードと占星術の占い師 黒田聖光の占いブログ。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< すれ違った普通の幸せ | main | 平凡を維持することの難しさ >>
そしてシュウマツは訪れたのだった・・・
地球滅亡も近い今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
シュウマツは確かに来ました。終末ではなく週末ですけどね。
現在、現地マヤ周辺のレストランや土産物屋は大盛況、ホテルも超満員だそうですので、どこもホテル特需に現地は喜んでいたりするようです。

さ て、このマヤの予言、遺跡に記されたカレンダーが2012/12/22を最後にないとのことから始まり、フォトンベルト説とかオカルトがここ数年渦を巻い ていまた。このブログにもそういう方面から丁寧にトラックバックがきちゃったりしたのですが、丁寧に削除してたりしました。

さて、12/21といえば冬至。マヤの人々は高度な天体計算ができたと言われていますが、数千年先の冬至の日を計算して記したのならすごいんじゃないかと。
どの古代文明も太陽神は絶対的な神でありましたから、ラーと呼んだエジプトしかりマヤもそうだったと思うのです。その太陽の高度が一番低い日が冬至。太陽を元気つけようとエジプトはラーのためにお祈りしてましたが、マヤもそうだと思うのです。
じゃ あ、どうして2012年なのか? ですが、これ以降は安定してるから暦(呪術的な意味で)は要らないとしたのでは? と思うのと、2012年は地球のサイ クルから見ると氷河期の入り口に来てるという人がいますが、その氷河期に入ったから暦なんて作ってもしょうがないとしたのでは? と楽しい空想が広がったりします。

どなたの本か忘れましたが、終末とか滅亡ってのは人間の心理として欲することだと書いてありました。平和で危機意識が低ければ低いほど、欲するそうなので、それだけ平和だってことなんじゃないかな?



| 2012.12.22 Saturday (16:06) | 不思議ニュース | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
Comment









SPONSORED LINKS
Trackback URL
http://uranai.spdt.jp/trackback/1399776
Trackback
PROFILE
カルトゥーシュカードでHAPPYに

占い鑑定受付中

エジプト直輸入アクセサリーの販売サイト

RSS表示パーツ


RSS表示パーツ


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode